• 留学は”好きな言語”を取得できる

    留学と聞けば、英語を身につけるための海外研修と考えがちですが、実は違います。自分の興味のある好きな言語を学び、身につけることができる制度が正しい認識となります。



    日本は英語に力を入れているため、留学と言えば英語を身につけるためにアメリカに行く、と考えてしまいます。
    実体を言えば、言語や文化の勉強という形で好きな国に行くことができます。

    大学があらゆる国の言語や文化の取得に力を入れているため、留学制度の柔軟性が高くなっています。


    多少の条件はありますが、”言語が話せること”は条件になっていないので、学びたければ学ぶことができます。中学、高校、大学では英語が主流になっているため、ほとんどの制度は英語力を身につけるためのものになっています。

    しかし、中には英語以外の言語、例えば、フランス語やドイツ語、中国語などを学ぶための留学制度もあります。今後のことを考えて英語を身につけることも大切ですが、良い経験になるので、興味のある国に行くことをオススメします。
    また、留学した場合、その国の言語を使わなければコミュニケーションも取れず、生活も難しくなってしまいます。だからこそ、その言語を話す力が自然に身につきます。

    前もって勉強することも大切ですが、現地で使うことで学べるものもあります。日本は文法や単語など”覚えること”に力が入っているため、話せるようになることはまずありません。



    だから、身につけたい言語を使う国に身を置き、環境の力を利用して学ぶべきです。

    4meee!に関する最新情報はこちらです。